え~っと、スエットスカート!

寒い日が続きますね~
本日も、クロ家周辺は、雪がチラホラ。クロは暖かいところを探して
ウロウロしております。

2015-01-24 IMG_8650a
陽射しが無い時は、ストーブの前が一番だよね~
クロがはいているのは、スエット生地のスカートです。
派手なスカートが多い中、珍しい地味なスカートですね。

実は、これは、mamaが持っていたネックウォーマーらしきもの、だったのですが
もしかして、クロに似合うかな~と、ウエスト用のゴムを入れただけの簡単製作品。

2015-01-24 IMG_8651a
暖かそうなのですが、口が悪いpapaは「不遇なシンデレラ」と評しております。
mamaは「ロッキーのスタローン」と言っております・・・・


「クロからのお便りコーナー」
相変わらず、筆不精のクロ!
・サツマイモ作戦継続中で、猫缶に蒸したサツマイモ2cm角ぐらいをつぶして
 混ぜています。毎回、美味しそうにペロリと完食!
・消化器サポートのカリカリも食べております。
しかし、約5日おきの下剤の1日あとには、まとめて大きなかたまりをだしてくれますが
その間は、1、2回、ほんの小さなお便りのみ。それもmamaがお腹のマッサージで
押し出さねば、出てきません。
お便り以外は、元気で調子もよさそうですが、そろそろ別の方法も考えなければ~
来週には、お医者さんのところにも、行きたいと思います。


papa、胃カメラを飲む

先週、年一回の健康診断を受けました。
昨年から、職場の健康診断が、職場の近くの健康センターから、自宅近くの
病院でも受けられるように変更となり、いろんなオプションが追加できるよう
になりました。
papaは、胃の検診は、バリウムを飲むレントゲン撮影しか経験したことが
なかったのですが、バリウムのあとの下剤が嫌なので、今回初めて
内視鏡検査にしたのです。

mamaは、すでに口からの内視鏡検査の経験者で、「ちょっと気持ち悪いよ
オエッとするよ~。でも大丈夫だよ~。」と、経験を語るのですが
恐怖がつのるばかりで、とても大丈夫とは思えません。
少しでも辛くないように、鼻からの内視鏡検査にしたのですが、不安で
いっぱいです。

当日、健康診断の項目の最後に、内視鏡検査がきました。
まず、鼻と喉の麻酔の薬を飲み、鼻を通りやすくするために、プラスティック
のチューブを右の鼻の穴に差し込まれました。
鼻の奥を、ズズズ~と通るときに、痛くは無いのですが、気持ち悪さ満載!
涙が出てしまいました。(まだ本番じゃないのに~!)
papaの鼻は敏感だったようです。

そのあと、検査室へ移動。検査室は、機械とモニターで、まるで家電工場の
ようですが、働いている看護師さんたちは、厚手の前掛けをして、まるで
水産工場!ここでは、私はマグロ?
検査のベッドで横を向いて寝かせられ、口の下には、ペットシートのような
吸収シート。お医者さんが頑張ってね~と言いながら、内視鏡を鼻から入れると
またもや、気持ちが悪くて、目から涙!喉に入るときには、オエッときました。
看護師さんが、頑張ってね~と、肩をトントンとしてくれます。優しいな~

でも、そのあとは、スルスルと入っていく感触にも慣れ、気持ちも落ち着き
モニターをチラチラ見る余裕も出来ました。しかし、唾をのまないでくださいね~
と言われても、口からダラダラと流すのも抵抗がありますね。吸収シートが
必要なのがわかりました。
10分ぐらいかな~、なんとか無事終了。やれやれ、どっと疲れました。

その後、お医者さんから、画像の説明を受けました。初めて見る、自分の胃!
思ったよりキレイです。これで自分がロボットじゃなく、生身の人間と判りました。
どうやら、変な虫とか、宇宙人も住んでいないようです。お医者さんからは、
「胃炎の跡が少しあるが、キレイな胃ですよ。食べ過ぎないようにしてくださいね。」
と言われ、ホッと安心。よかったです。
1時間後には、麻酔も切れ、食事もOK。バリウムのレントゲン検査より、快適でした。

この調子で、お腹のいろんな場所が見られると面白いですね~。でも、他の内視鏡は
もっと大変なのでしょうね。昔、「ミクロの決死圏」という映画がありましたが、現在、
もうすでに、カメラの入った小さなカプセルを飲んで、出口(!)まで録画ができると
聞いたことがあります。それも、ぜひ試してみたいものです。
それをトイレで流したら、大騒ぎで、海まで探しにいくのでしょうね!

2015-01-24 IMG_8645a
papa「胃カメラで、涙を流したことは、ないしきょうだよ~」

クロ「内緒だよ~でしょ!」


theme : 猫のいる生活
genre : ペット

あれから20年

阪神・淡路大震災から20年。経験した者には、忘れることの無い日です。

クロ家(まだ、クロは居なかった!)は、現在の家の近くのマンションに住んでおり
震度は推定6。布団の中で、目の覚めていたpapaは、瞬間、周囲が明るくなると同時に
ドンッという強いたて揺れを経験しました。明るくなったのは、発光現象だったようです。
瞬間、何が起こったのか判らず、爆弾でも落ちたのかと不安になりました。幸いmamaも
小学生だった息子2人も無事。部屋はテレビ、スピーカー、食器が棚から落ち、食器の
破片が床に散乱したため、靴を履かないと歩けない状態。
車のラジオで、震源地が近いことを知り、驚きました。神戸は地震が無いと思い込んで
いたのです。
電気もガスも止まりました。ご飯がタイマーで、すでに炊けていたのが助かりました。
そのころは、キャンプによく出かけていたので、キャンプ道具のカセットコンロを取り出し
オカズを作りました。余震におびえながらも、朝ごはんを食べ、部屋を片付けたころ
電気が点きました。リビングのテレビは壊れたので、小さなポータブルTVを持ち出してきて
見られた初めての画面には、阪神高速の高架が倒れている映像が映し出され、また驚か
されました。
マンションの住んでいた棟は、水道もガスも大丈夫だったので、生活に支障はありません
でした。被害は、TVが壊れたのと、食器が壊れたこと。天井の表面に亀裂ができたぐらい
で済みました。
夕方、近所の人と話をしていたら、火事が起こっている街があるとのこと。長田地区の
方角が見える高台に出かけると、黒い大きな煙があがっていました。
その下で、たくさんの人が亡くなったこと、消防車も、救急車も間に合わなかったと
知らされたのは、まだ何日も後のことでした。
少しづつ伝えられ、広がっていく被害に驚きながら、これから神戸はどうなるの?職場は?
と不安な一日を過ごしました。

20年で、神戸は復興しました。その中には、教訓をいかした街づくりもあり
人が離れて、失敗した再開発もあります。家族を亡くされた方は、何年過ぎても
忘れることはないでしょう。
でも、20年過ぎました。忘れることは無いし、伝えることも続けるべきですが
「神戸は、もう大丈夫!」って大きな声で言いたいです。
そして、今は、東北を見守りましょう。
オリンピックよりも、リニア新幹線よりも、東北を忘れてはいけません。

2015-01-17 IMG_8642a
むにゃむにゃ・・・

2015-01-17 IMG_8643a
クロも見守っているよ!



岩手の旅 part2

前回の記事で、三陸鉄道の電車の画像を忘れておりました。
一日目の宮古駅から、北の終点「久慈駅」に向かう電車です。もちろん1両のみ。
ワンマンの電車ですが、暖房もしっかりあたたかで、トイレも付いており快適でした。
2014-12-29 DSC01395a

沿線は、こんな三陸海岸の景色がみられますよ。
2014-12-29 DSC01430a

2日目は、久慈から宮古に戻ります。途中下車して、日本3大鍾乳洞の一つ
「龍泉洞」に行きました。洞窟の中は、暖かく、ライトアップもされていて幻想的な風景が
広がります。閉所恐怖症でなければ、楽しいところですよ。
papaは山口の秋芳洞、高知の龍河洞も行ったことがありますので、これで3大鍾乳洞を制覇!
(それがどうした~!)
2014-12-29 DSC01438a

その後、もう一度途中下車して、津波の被害が大きかった宮古市の田老地区にいきました。
ここは、過去にも津波があり、街を守るために高さ10mの世界一の防潮堤があったのですが
今回の津波は18mとも言われ、防潮堤を超え、街を襲いました。
そのため、4300人の住民のうち、200人近くが亡くなりました。
『消えた田老』youtubeの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=JIi2yr-lWF4

今では、ガレキは片付き、水産加工場とかは建っていますが、住宅は高台に移設を計画して
いるようで、ほとんどが空き地のままです。
2014-12-29 DSC01443a

その中に、ポツンと残っているのが「たろう観光ホテル跡」
震災遺構として、保存するとのことです。
2014-12-29 DSC01448a

一階、二階は鉄骨以外は残っていません。
ここに泊まっていた人は、どうなったのでしょう。
2014-12-29 DSC01450a

今年の3月で、東北の震災から、まる4年となりますが、実際に現地に行くと
津波の凄さがわかります。あらためて、人間の力は小さいな~と実感しました。

この田老地区は、空き地が広がっていますし、宮古市の街も広い地域で一階部分が
津波で浸水したため、一階だけリフォームした住宅が目立ちます。
タクシーの運転手さんによると、道路の復旧などは進んでいるが、個人の生活は
復興とは言えない状態。政治家は「着実に復興は進んでいる」と言うが、まだまだです。
と言っていました。

まだ4年の東北。忘れてはいけないことがいっぱいあります。
皆さんも機会があれば、東北に出かけてくださいね。美味しいものもいっぱいあります。
観光地は、どこもキレイに整備されていて、快適ですよ。


〔クロからのお便りコーナー〕
年末、年始と実家移動がありましたが、クロからのお便りは、なかなか出してもらえず
5,6日周期での下剤投入となっています。下剤は、前夜一錠と翌朝一錠で、その夜に
ドバッと大きなお便りをまとめてだしてくれます。ただし、下痢状なので、大変~。
今週は、サツマイモ作戦を朝晩、4日間決行中。猫缶に蒸したサツマイモをつぶして
入れました。クロは美味しそうに完食!もしかして、美味しいのかも?
今日の朝には、お腹マッサージのあと、小さな固いお便りがありましたが、とても
少ないので、明日は下剤作戦の日。順調に固めを出してくれるといいな~
2015-01-10 IMG_8625a
クロ「知らないもん~」


今年もよろしくお願いします。

2015-01-04 IMG_8613a

2015年 今年もよろしくお願いします。

比較的、穏やかだった年末、年始でしたが、昨日は寒かったですね。
クロ家周辺でも、朝に久々の積雪。2㎝ほど積もっておりましたよ。ブルブルブル~
でも幸い、日中には、ほとんど融けました。よかった~!

さて、長いお休みがとれたmama&papaは、年末の27日~29日で岩手に行ってきました。
2014-12-29 DSC01380a
伊丹空港から、花巻空港までは1時間半。そこから盛岡までバスで40分ほどなのですが
目的地は、まだまだ遠い!

2014-12-29 DSC01389a
今回の旅行の目的は「三陸鉄道に乗ろう!」。その北リアス線の発着地、宮古駅までは
盛岡からバスで2時間以上かかりました~。
三陸鉄道はNHK連続ドラマ「あまちゃん」で有名になりましたね。震災のため不通区間が
あったのですが、昨年の4月に全面開通したので「あまちゃん」の舞台、終点の久慈駅まで
1時間半の電車の旅が楽しめます。

2014-12-29 DSC01392a
宮古駅のホームには、にゃんこ神社が!震災の前から4匹の猫が飾られていたのですが
地震の揺れにも落ちなかったとのことで、受験生などに人気が出て、ファンから神社を
贈られたそうです。

2014-12-29 DSC01410a
ここが終点、久慈駅です。残念ながらドラマに出てきた駅の中の喫茶店はありません。
(もちろん小泉今日子さんもおりません(+_+))

2014-12-29 DSC01412a
有名になった、うに弁当のお店はありました~。でも、mama&papaは、うにが苦手なので
買いませんでした。ごめんなさ~い!

2014-12-29 DSC01402a
久慈で一泊したので、翌朝は三陸の海から上るキレイな朝日が見られました。

長くなったので~このへんで次回に。
(なお、今回は混浴露天風呂はありません。あしからず・・・・)


2015-01-04 IMG_8618a
クロ「そういえば息子しか、いなかったな~ おみやげもなかったし」

papa「おみやげは、いいわって言わなかったかな?」

クロ「いいわって・・・岩手 でしょ お見通しだい!」

papa「さすがクロ!」


theme : 猫のいる生活
genre : ペット

プロフィール

Author:クロpapa
♂です。
家族は、クロmama♀と
息子の2人
クロ♀1匹
脚が不自由でも元気に
生きている クロとの生活を
中心にするつもりですが
時々ずれていくかも・・・


kuroside2.jpg
クロ 推定16才
 スカートが似合うメスにゃんこ


旧ブログ(2007/1~2008/9) 
クロネコ的生活
初めての方は
「クロって」
「クロとの出会い」
から、お読みいただければ幸いです。

東日本大震災・被災動物の為に
おおさか ねこネット
チームねこぶくろ
クロネコ的生活は、「ねこぶくろ」の 普及に努めています。
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最新記事
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
黒猫の絆
月別の過去ログ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード