あれから20年

阪神・淡路大震災から20年。経験した者には、忘れることの無い日です。

クロ家(まだ、クロは居なかった!)は、現在の家の近くのマンションに住んでおり
震度は推定6。布団の中で、目の覚めていたpapaは、瞬間、周囲が明るくなると同時に
ドンッという強いたて揺れを経験しました。明るくなったのは、発光現象だったようです。
瞬間、何が起こったのか判らず、爆弾でも落ちたのかと不安になりました。幸いmamaも
小学生だった息子2人も無事。部屋はテレビ、スピーカー、食器が棚から落ち、食器の
破片が床に散乱したため、靴を履かないと歩けない状態。
車のラジオで、震源地が近いことを知り、驚きました。神戸は地震が無いと思い込んで
いたのです。
電気もガスも止まりました。ご飯がタイマーで、すでに炊けていたのが助かりました。
そのころは、キャンプによく出かけていたので、キャンプ道具のカセットコンロを取り出し
オカズを作りました。余震におびえながらも、朝ごはんを食べ、部屋を片付けたころ
電気が点きました。リビングのテレビは壊れたので、小さなポータブルTVを持ち出してきて
見られた初めての画面には、阪神高速の高架が倒れている映像が映し出され、また驚か
されました。
マンションの住んでいた棟は、水道もガスも大丈夫だったので、生活に支障はありません
でした。被害は、TVが壊れたのと、食器が壊れたこと。天井の表面に亀裂ができたぐらい
で済みました。
夕方、近所の人と話をしていたら、火事が起こっている街があるとのこと。長田地区の
方角が見える高台に出かけると、黒い大きな煙があがっていました。
その下で、たくさんの人が亡くなったこと、消防車も、救急車も間に合わなかったと
知らされたのは、まだ何日も後のことでした。
少しづつ伝えられ、広がっていく被害に驚きながら、これから神戸はどうなるの?職場は?
と不安な一日を過ごしました。

20年で、神戸は復興しました。その中には、教訓をいかした街づくりもあり
人が離れて、失敗した再開発もあります。家族を亡くされた方は、何年過ぎても
忘れることはないでしょう。
でも、20年過ぎました。忘れることは無いし、伝えることも続けるべきですが
「神戸は、もう大丈夫!」って大きな声で言いたいです。
そして、今は、東北を見守りましょう。
オリンピックよりも、リニア新幹線よりも、東北を忘れてはいけません。

2015-01-17 IMG_8642a
むにゃむにゃ・・・

2015-01-17 IMG_8643a
クロも見守っているよ!



comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

20年

私も20年前、神戸市の自宅で被災しました。幸い家族は無事でしたが、あの早暁の突き上げるような激震は身体に刷り込まれています。今日は追悼の一日でした。

・・マイブログに「赤ん坊の命を救った外猫さんのお話」をアップしたから見てニャん。

20年経ちましたね。
そんなに長い時間が経ったのかと驚きです。

火災や被害の映像もテレビでしか知りませんが、
当時神戸に居た方の衝撃はすごかったでしょうね。
復興には体力も気力もかなり費やしたことと思います。
東北のことはまだまだこれから。
間もなく4年ですが、忘れてはいけませんね。
原発のことなどもあり、課題は山盛りですね。

あの時生まれた子がもう20歳ですもんね。
そう思うと、不思議な気がいたします。
生まれて間もなく被災して親御さんや
兄弟姉妹を記憶もないまま亡くしてしまった子
の話をニュースなどで聞く機会もあり・・・
あの頃もう成人していた私たちとは違う
形で傷つき、涙を流してる人がいるんだなあと
いろいろ思うところがあります。災害というのは
その時だけじゃないんですよね。
東北の大震災の場合は神戸の場合より復興の進度も
まだまだ追いついていないし、被災した人たちの
心のケアはより長く、より深く続いてゆくのかもしれませんね。
未熟な私は自分からは有効な手助けの手段をなかなか思い
つきませんが、助けを求められた手をいつでも握れるような
心構えでいたいです。とりあえず今はこれまでどおり福島の
お米やお野菜を積極的に買っていこうっと!

コメントありがとうございます。

☆鍵コメさま
お教えいただき、感謝いたします。
クロは時々、お腹のマッサージだけで、小さいのを出すこともありますが
相変わらず、下剤に頼っております。なんとか下剤に頼らない方法はと
ウエットにサツマイモを入れたりしておりますが、今のところ改善して
おりません。
今度、お医者さんに経過報告と、鍵コメさんのアドバイスのことも聞いて
みますね。
また、教えてください。ありがとうございました。



☆なりひらさま
なりひらさんも、神戸で被災されていましたか。無事でなによりでした。
あの激震は何年たっても、忘れられないですね。




☆ちょこさま
20年、あっという間の人と、長かった人と、様々な思いがあると
思います。
神戸の復興には、失敗もありますが、各地の災害復興の教訓にも
なったと思います。
東北は、地域が失われないように、生活がよくなるように復興して
欲しいです。




☆nico.さま
20年を経て、ようやく振り返ることができるようになったことも多いですね。
クロ家は、幸い被害がほとんどなかったのですが、家族をなくした方たちは
終わることがない悲しみと思います。

東北は、まだこれからですね。
ぜひ、長く、手厚く、支援が続くことを望みます。
papaも、できるだけ東北に出かけたいし、東北の生産物も買っていきたいと思います。

クロpapaさんご無沙汰していました
コメントをありがとうございました
続いての事で私自身が少し体調を壊してしまいましたが、そうも言っておれず頑張らなければです

あれから20年早いですね
クロpapaさん神戸に住んで居られてあのような被害で本当に命拾いをされましたね~
私の住んでる伊丹も阪急駅が被災にあい九州には神戸より伊丹の駅が
一番にニュースで流れたとの事、自衛隊が伊丹に有るせいかもしれません
私は死んでると思われてたみたいです・・・・

東北地方は神戸の様に何故早く復興できないかと腹立たしい気持ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう20年経ったんだと私は思いますが、被害に遭った方には長い20年だったでしょうね。。。
うちのいとこも当時神戸にいて、テレビが落ちたとか言ってたのをおぼえています。

東北の復興は神戸のように進んでないとよく聞きます。
原発の問題もあるからでしょうか。
ほんとオリンピックで騒ぐのもいいですが、東北を置き去りにしないでいて欲しいですよね。


そうですね〜、思い出すことはいっぱいあります。
今生きてることは当たり前と思ってるけど、奇跡の連続ですね。

あの日のあの直前、ワシはJRの伊丹駅に行ったんですもん。
そこで時刻表を見て 電車がしばらくなかったので 塚口駅に送ってもらって。
塚口駅で 大揺れ。
数分の違いで 今生きてなかったかもしれません。

今は仕事で週に一回三宮に行ってますが、震災の跡は全く感じられません。
東北はまだまだ..........小さいことでも応援出来ることからしないと、ね!!
神戸のことも 東北のことも、忘れてはいけませんね。忘れられないけど!

1995年1月17日。そこにいて体験していないくても忘れられない日です。
その前年に母も東京に引っ越してきて、近所の人たちに、
「東京は地震が多いから気をつけてね」と言われて来てたもんだから、
母のショックはハンパなかったです、恩師が亡くなったこともあって。
あの日、朝起きてテレビのスイッチを入れた時に映し出された
阪神高速倒壊の映像を見た時のショックは、言葉では言い表せないものでした。
すぐに親戚友人に連絡しようにも電話は不通。幸い親しい友人や親戚に
亡くなった人はいませんでしたが、家が半壊した家族はけっこういて。

私がひとつ後悔していることというと、
被災地をこの目でリアルに見なかったことなんです。
自分が住んで出かけて遊んだよく知る場所が一瞬にして崩れてしまった事実を
この目に焼き付けておけばよかったと、数年前から思うようになりました。
もちろん、自分にできるお手伝いを伴ってのことですが、
あの時にはできなかったんですよ、自分の育った街が壊れたのを
リアルで見たくなかったのが本音でした。

東北の復興は、阪神淡路の時と質が違いますよね。複雑でとにかく難しい。
原発事故がなければ、ここまで暗い影を落としたままではなかったでしょう、
津波被害の対策と復興に集中できたわけですから。

南海、東海・東南海、首都直下と明日起きてもおかしくない
巨大地震が予想されてる地震大国日本、万全といえる備えなんてないだろうけど
心構えはしっかりしておかないと、ですよね。
しかし、よく原発再稼働するよなぁ・・ 東京五輪やるよなぁ・・

長々失礼しました。^^;

コメントありがとうございます。

☆クニさま
いえいえ~、お疲れと思います。
パンちゃんが元気になってくれるといいのですが。クニさんも
お体を大切にしてください。

papaの地域は、比較的、被害が少なかったので、助かりました。
阪急伊丹駅も映像によく出ましたね。阪急も開通まで、時間が
かかりました。被災当初は、自転車で新神戸から芦屋まで通勤
していたので、開通当時は嬉しかったです。

東北の復興は、津波のこと、原発のこともあり、複雑ですね。
人が離れてしまうのではと心配です。




☆鍵コメさま
コメントありがとうございます。いろいろなものが、役立つのですね。
今は、ウエットにサツマイモを混ぜているのですが、効果をみながら
他のものも試してみます。

鍵コメさんちの猫さんも、健やかに暮らせますように。
また、アドバイスをお願いいたします。ありがとうございました。




☆まかないさま
そうですね。短かったような、長かったような。被害が大きかった
方にとっては、長い年月ですね。

福島は原発の問題。津波にあった地域は、高台への移住もありますから
大変ですね。




☆とろろ姉さんさま
姉さんは、外で地震に見舞われたのですね~
心細くて、大変だったでしょうね。無事でよかったですね。

papaは4日目の被災地を歩いて、新神戸から芦屋の職場まで行きましたが
阪神高速の高架、木造家屋など、いたるところで倒れていて、
まるで映画の戦場のようでした。あの時を思い出すと、今の復興が
夢のようですね。

東北の復興は、神戸の復興より、厳しい条件が多いです。
早く、安心して、生活できるといいのですが。



☆ぱんとらさま
東京に引っ越し、それまで住んでいた街が被害にあい
身近な方がお亡くなりになったら、悲しみは大きいと思います。

papaの知り合いは、幸いに亡くなった人も、怪我をした人も
いなかったのですが、住んでた家の下敷きになって、助け出された
同僚もいたりで、震災すぐは、生きていてよかったね~という
状況でした。
馴染んだ街が無くなってしまうなんて、戦争以外では考えられなかった
のですが、今は、日本中どこで起こっても不思議ではないですからね。

ほんと、オリンピックをやっている場合じゃないし、原発もいらないな~と思います。

20年後

私も神戸で被災しましたが、あの凄まじい縦揺れはすっかり体に棲みついてしまっています。南海沖大地震・・もう勘弁してほしい気分です。

あの日の事は私も鮮明に覚えています。
金沢でも 明け方、家がゆっくりと横揺れをし始めて
結構長かったと記憶していますが
それが阪神大震災の揺れだった事はテレビで知りました。
初めは写された映像を理解できませんでした。
三宮と宝塚に叔父さんがいたんですが 家はつぶれてしまったけれど無事でした。
安否の確認が出来たのは1週間もたってからでした。
関西に地震なんて!? と思いますが
金沢にも大きな断層が走っています。
ぱんとらさんも仰っていますが
なんで地震国日本に原発? ですよ。
いまのうちにエネルギーの舵を大きく切らないとダメなのになぁ・・・

コメントありがとうございます。

☆なりひらさま
そうですね~。忘れることのない体験です。
日本に住んでいると、どこで起こっても不思議ではないようで
備えをしておくしかないようですよ。




☆足袋ネコ
金沢でも、揺れましたか~!
その時、神戸に居たものにとっては、どんな風に伝わったか
知りたかったです。

叔父さんたちが、無事でよかったですね。たしかに安否確認に
時間がかかりました。クロ家は、電話がつながらなくなる前に
息子が実家に電話をして、無事を伝えましたが、実家では
TVで震災を知る前で、何のことかわからなかったようです。(+_+)

原発、不安ですね。papaも信じておりません!
管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:クロpapa
♂です。
家族は、クロmama♀と
息子の2人
クロ♀1匹
脚が不自由でも元気に
生きている クロとの生活を
中心にするつもりですが
時々ずれていくかも・・・


kuroside2.jpg
クロ 推定16才
 スカートが似合うメスにゃんこ


旧ブログ(2007/1~2008/9) 
クロネコ的生活
初めての方は
「クロって」
「クロとの出会い」
から、お読みいただければ幸いです。

東日本大震災・被災動物の為に
おおさか ねこネット
チームねこぶくろ
クロネコ的生活は、「ねこぶくろ」の 普及に努めています。
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
黒猫の絆
月別の過去ログ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード